Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久田・宮久保の里山暮らしの学校

大和市の中でも、久田・宮久保は畑が多く、川があり、森もあるという里山らしい風景が残っている場所です。風景だけでなく、ほとんどのお宅でドンド焼きのお餅をつくったり、お盆飾りをしたり、伝統行事が息づいている地域でもあります。

私たち日本人は、こうした伝統行事を通じて、自然の恵みに感謝したり、付き合い方を学んだりしてきました。また、この地域では、自然と上手く付き合う里山暮らしの知恵も残っています。

これらの伝統行事と里山暮らしの知恵を、地元の方から学ぶ
「里山ぐらしの学校」を2006年4月から開催します。詳細が決まり次第ご案内しますので、ぜひ、ご参加ください。

20061105093818.jpg

緑地の夕暮れ
スポンサーサイト

久田緑地くらぶ とは?

久田緑地くらぶは、久田緑地(神奈川県大和市)をフィールドに定期的に森を手入れしながら、森の恵みを活用して里山の暮らしを再現しようと活動しているボランティアグループです。

久田緑地は、小田急線桜ヶ丘駅から歩いて約15分のところにあり、境川に沿って南北に細長く伸びている緑地です。かながわトラストみどり財団が地権者さんと保全契約を結び、緑地として保全しているトラスト緑地で、約5.68ヘクタールの面積があります。

現在、久田緑地くらぶでは、緑地の竹林の手入れを中心に、地権者の方の農作業のお手伝いなども行いつつ、伝統的な文化を学ぶ講座を運営しています。また、農地部会として、農家の方から農作業のやりかたを学ぶ講座もあります。

楽しく森の手入れをして見たい方、森の中で汗を流したい方、里山に培われた知恵に関心がある方、ぜひ、久田緑地くらぶでともに汗を流しませんか?

ブログを立ち上げました。

久田で活動する「久田緑地くらぶ」が運営する、『久田・宮久保 里山暮らしの学校』のブログを立ち上げました。

20061029102649.jpg


 緑地の冬の風景です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。